CLT工法

CLT工法

CLTとは、Cross Laminated Timber(クロス・ラミネイティド・ティンバー)の略で、欧州で開発された工法となります。CLTは板の層を各層で互いに直交するように積層接着した厚型パネルのことを呼びます。
コンクリートに比べ木材の多孔質材料により、高い断熱性と省エネ効果が期待できます。
また高い強度で優れた耐震性が期待でき、ヨーロッパでは5階建の中層ビルの他、高層ビルなどの開発も進んでいます。

馬路村森林組合事務所  建築舎KIT

土佐町福祉施設  鈴江章宏建築設計事務所

高知新港トイレ 建築舎KIT/高知県

高知新港

ご相談・お問い合わせ

TEL:088-803-6546  FAX:088-803-6547
▶メールでのお問い合わせはこちら

 株式会社 建築工房 縁e(エニシ・イー)
〒780-8010 高知県高知市桟橋通4丁目1-28
協和倉庫第5ビル3F

Copyright (C) 建築工房 縁e All Rights Reserved.